近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

旺文社

基礎からのジャンプアップノート 古文読解・演習ドリル

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆古文を読む力・解く力をつける工夫を満載! ◆「入門編」「演習編」の二部構成で、基礎固めから入試対策まで段階的に力が身につきます。 1、古文を読む方法を身につける「入門編」  古文を読む時に基本となる8つの読解法を解説。  登場人物に印をつける、「が・を・は」を補うなど、書き込んで読解法を理解します。 2、どんどん解いて力をつける「演習編」  入試頻出問題を精選した「基礎演習編」10題・「発展演習編」8題。古文読解のヒントを盛り込みました。  本冊問題では、「あらすじを確認しよう!」「辞書を引こう!」のコーナーを設けました。  別冊解答には詳しい解説を掲載。「文法」「文の構造」欄などで重要事項の理解を深めます。 3、「品詞分解」付きで、読む力をサポート!  別冊解答では、古文本文を再掲載して、重要部分を品詞分解して解説。  入試頻出の重要文法ポイントが一目でわかり、読解の理解も深まります。 4、古典文法の復習もできる!  別冊解答の「品詞分解」や「文法」欄で、文法を復習し、知識の定着をはかります。  本冊にも「文法ガイド」を設け、知っておくと役立つ知識・考え方をまとめました。
目次
入門編 ①登場人物をつかむ ②助詞を補う   ③体言を補う   ④カッコを付ける   ⑤主語を補う ⑥指示内容を確認する ⑦文章の展開をつかむ ⑧古文常識に注意する 基礎演習編 1女院の桜(『沙石集』) 2亀を助ける(『宇治拾遺物語』) 3酒乱のしもべ(『徒然草』) 4基俊、意地悪して恥をかく(『無名抄』) 5兼好をからかう(『徒然草』) 6昔男のいたずら―恋の仲立ち(『伊勢物語』) 7牛の皮(『十訓抄』) 8月にはのぼる(『十訓抄』) 9旅には出たけれど(『平中物語』) 10音楽の友(『六帖詠草』) 発展演習編 11仏の玉(『今昔物語集』) 12童舞をめぐって(『十訓抄』) 13いはでおもふぞ(『枕草子』) 14扇引きの思い出(『讃岐典侍日記』) 15再婚はしないよ(『大鏡』) 16我が子を手放して(『とりかへばや物語』) 17中の君の悲哀(『源氏物語』) 18歌は情を述べるもの(『排蘆小船』) 付録  用言活用表/おもな助動詞活用表/おもな助詞一覧/おもな敬語動詞一覧/品詞分類表

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。