近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
自粛と萎縮【タブー】に抗い続ける! 終わる平成。 しかし、忖度は続いている。 ドキュメンタリーとは、抗いである。 平成という時代が終わる。しかし、報道をはじめ、表現の自粛と萎縮は終わることなく続いている。この三十年で、自粛と萎縮の波は高く、強くなったのか、それとも……。天皇、放送禁止歌、オウム、オカルト、小人プロレスetc。撮影したいテーマはことごとくタブー視され、発表媒体が限られていく中でも、作品の力で“空気”を吹きはらってきたドキュメンタリー監督が、自粛と萎縮の正体を探る!  森監督作品のテーマを軸に、時代の表現者たちと「平成」を斬るルポ&インタビュー。 『放送禁止歌』×ピーター・バラカン(ラジオDJ、ブロードキャスター) 『ミゼットプロレス伝説』×日比野和雅(『バリバラ』初代プロデューサー) 『幻の天皇ドキュメンタリー』×松元ヒロ(お笑い芸人) 『A』『A2』×有田芳生(参議院議員) 『未完の北朝鮮ドキュメンタリー』×若林盛亮(「よど号ハイジャック事件」実行犯) 『FAKE』×長野智子(ニュースキャスター)
目次
はじめに 第一幕 疑似的民主主義国家ニッポン       ――『放送禁止歌』 第二幕 差別するぼくらニッポン人     ――ミゼットプロレス伝説 第三幕 自粛と萎縮に抗って     ――幻の『天皇ドキュメンタリー』 第四幕 組織は圧倒的に間違える     ――『A』『A2』 第五幕 平壌、かつての東京との交信     ――未完の『北朝鮮ドキュメンタリー』 第六幕 正しさこそが危機を生む     ――『FAKE』 おわりに
著者略歴
森 達也(モリ タツヤ)
1956年、広島県呉市生まれ。ディレクターとして、テレビ・ドキュメンタリー作品を多く製作。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画「A」を公開、ベルリン映画祭に正式招待され、海外でも高い評価を受ける。2001年映画「A2」を公開し、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞する。11年『A3』で講談社ノンフィクション賞を受賞。現在は映像・活字双方から独自世界を構築している。16年ドキュメンタリー映画「FAKE」で話題を博す。著書に『オカルト』『「A」』『死刑』など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。