近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ひとりは軍人に。ひとりは利通暗殺へ。 西郷の首を発見した男と、大久保利通を暗殺した男。 2人の加賀藩士は、親友同士だった――。 「維新」とは何だったのか? 武士の世の終焉を活写した、ひたすらに熱く切ない本格歴史長篇! 幕府を中心とした開国派と、長州藩を軸とした攘夷派に分かれ、激しい戦いが繰り広げられる幕末。 百万石の雄藩・加賀藩は、中立的立場ながらも、藩内では二派の対立が激化していた。 加賀藩士の島田一郎は尊王攘夷思想に憧れ、親友の千田文次郎は、一郎の情熱に煽られながらも自分を見失わないでいた。 やがて一郎は反政府活動に傾倒し、武装蜂起を企てる。 一方、文次郎は陸軍軍人となって西南戦争に参加し、薩摩軍が隠した西郷隆盛の首を発見する。 それにより不平士族の絶望は頂点に達し、一郎らは大久保利通の暗殺を画策する……。 幕末・明治という激動の時代に翻弄された二人の青年の友情と別離。圧巻の歴史長篇! 「一つの時代が終わったのだ。もう武士の世には戻れぬ」 文芸評論家・縄田一男氏、激賞! 「完敗した。評論家の首を賭けるに足る傑作」 (「本の旅人」2017年10月号書評より)
著者略歴
伊東 潤(イトウ ジュン)
1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じる。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『黒南風の海‐‐加藤清正「文禄・慶弔の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説大賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と第1回高校生直木賞、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞。『城を噛ませた男』『国を蹴った男』『巨鯨の海』『王になろうとした男』『天下人の茶』で5度、直木賞候補に。著書に『武田家滅亡』『天地雷動』など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。