近刊検索 デルタ

2017年9月23日発売

KADOKAWA

長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら

角川文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
地下生活への考察と未来都市の姿、宇宙人がぬらぬらダラダラの疑問、長さ一キロのアナコンダがいたら? 世界の暑い場所、寒い場所――世界中を旅する行動派作家・椎名誠が、「もし……が……だったら」という思考をアレコレひねりまわして考えた、脳ミソくねくねスーパーエッセイ!
目次
・思考のくねくね ・モグラの歯ぎしり ・ワニ目と未来羊 ・羞恥と糞便 ・上か下か。 ・樹の上の闇 ・宇宙人をあそぶ ・超なまこ ・怖いもの ・持っているもの ・笑う犬 ・長さ一キロのアナコンダ ・這うもの吸うもの齧るもの ・アルキメデスの螺旋とカブトムシはどっちが強いか ・無言飛脚がやってくる ・地球発熱衰弱状態 ・小便の王様をたずねる旅 ・あとがき
著者略歴
椎名 誠(シイナ マコト)
1944年、東京生まれ。作家。「本の雑誌」初代編集長。写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。