近刊検索 デルタ

2018年6月22日発売

KADOKAWA

NO‐NO BOY 日系人強制収容と闘った父の記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
父の遺品整理中に出てきた古い革の鞄。そこに遺された日記に書かれていたのは、第二次世界大戦中、日系人強制収容所に収容されていた父の姿だった--。

 戦時下、「米国への忠誠を示す登録」を拒み、問題人物扱いを受けた人々、「ノーノーボーイ」。彼らは逮捕され、ツールレイク陸軍拘置所に集められた。
 亡くなった父親がノーノーボーイだったと知った著者は、「自らの経験や思想を語らない」ノーノーボーイについて、日記を手がかりに調査をはじめる。ノーノーボーイとは、どんな存在だったのか、父はいったいどんな人生を送ってきたのか。
 日系人強制収容の研究者や日系4世、当時、実際に収容されていた日系2世などとの出会いを通じて、日本とアメリカを行き来しながら歴史に葬り去られかけていた真実に迫っていく。知られざる「ノーノーボーイ」に迫った衝撃のノンフィクション。

【もくじ】
プロローグ
第1章 砂漠に響く「天皇陛下万歳」の声
第2章 忠誠登録を拒否した父
第3章 私は「日本人」になる
第4章 栄光の442部隊
第5章 陸軍抑留所をたらいまわしにされた父
第6章 終戦とノーノーボーイたちの混乱
第7章 442部隊の勇者が帰ってきた
第8章 日本に帰ったノーノーボーイたち
第9章 市民権回復・謝罪・補償を求めて
第10章 強制収容の歴史を残す
第11章 証言を残す
第12章 日系人だけがなぜ「強制収容」されたのか
エピローグ
目次
プロローグ
第1章 私の父はノーノーボーイだった
第2章 日系アメリカ人とはどういう人たちか
第3章 太平洋戦争と日系アメリカ人の強制収容
第4章 隔離収容所 ツールレイク収容所
第5章 忠誠登録への反対運動
第6章 日系人の分裂と対立
第7章 ハートマウンテンの67人
第8章 ジム西村・ケンケ・ンタロウ・タカツイの証言
第9章 市民権回復運動と謝罪と補償
エピローグ
著者略歴
川手 晴雄(カワテ ハルオ)
1947年広島県呉市に生まれる。72年より東京都三鷹市の私立明星学園小・中・高等学校に勤務。現在、小6の社会科授業を担当。歴史教育者協議会会員。同武蔵野支部事務局員として活動。70年より武蔵野、三鷹市の市民運動団体「安保をつぶせ!ちょうちんデモの会」の中心メンバーとして、毎月1回の定例デモ、上映会、講演会活動を続けている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。