近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
廃ビルで中年男性の死体が発見された。身元が判明しない中、葬儀屋が遺体を引き取りにくるが、葬儀屋・御木本悠司は、その遺体を目にした瞬間、刮目した。「これは俺の親父だ」。その偶然に疑問を持った刑事・滝沢圭は、単なる事故死と判断する本部に反発するようにその遺体に固執する。世の中を賑わす幼女連続殺人事件、葬儀屋の葛藤と苦悩、不遇な警察官を親に持つ刑事のトラウマ・・・・・・様々な要素が絡み合う中、意外な犯人と動機が明らかに! 平和な生活を犠牲にしてでも守らなければならない、刑事と葬儀屋の誇りとは・・・・・・慟哭の社会派ミステリー。
目次
零章/刑事
一章/兄
二章/先達
三章/女
四章/刑事と葬儀屋
著者略歴
天祢 涼(アマネ リョウ)
1978年生まれ。2010年2月『キョウカンカク』で第43回目メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は2011年版「黄金の本格ミステリー」(南雲堂)に選出される。2013年『葬式組曲』が本格ミステリ大賞の最終候補となる。他作品に「希望が死んだ夜に」「セシューズ・ハイ」シリーズ、「謎解き広報課」「ハルカな花」など。多用な版元で作品を発表し続けている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。