近刊検索 デルタ

2017年9月23日発売

KADOKAWA

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

角川ソフィア文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
身近なことを句に詠み、人生の辛さや切なさを作品へと昇華させていった一茶。古びることのない作品を、人生に沿ってたどりつつ、やさしく鑑賞する入門書。 【目次】 小林一茶の生涯 一、よく知られた一茶 二、修養時代 三、父の死 四、江戸での一茶(相生町時代) 五、江戸での一茶(『七番日記』の時代) 六、信濃での生活 七、『おらが春』の世界 八、晩年 解説 長谷川櫂 略年譜 参考文献 初句索引
著者略歴
大谷 弘至(オオタニ ヒロシ)
1980年、福岡県生まれ。俳人。早稲田大学第二文学部卒業後、二松学舎大学大学院文学研究科博士後期課程満期修了。2004年に俳句結社「古志」入会。2011年より同主宰。句集に『大旦』(角川学芸出版)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。