近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
その血筋の者以外、いかなる権力者といえども代替できない「天皇」。皇帝でも国王でも君主でもない、この世界に例をみない「天皇」という存在はどのように生まれ、歴史にどんな影響をあたえてきたのか――。

・飛鳥時代とは世界に類を見ない「首都移転時代」だ
・東大寺大仏建立の真の目的は長屋王の怨霊鎮魂だ
・織田信長は「神」になろうとしていた
・「討幕の密勅」には天皇の印もサインもなかった
・日本に民主主義が根付いたのは天皇がいたからだ

歴代125代から、キーポイントとなる天皇をあげつつ、その事績や歴史上の出来事との意外な因果関係を読み解く。通説やタブーを乗りこえ、日本の歴史教育が無視してきた「事実」と「常識」を学び直す歴史入門講義。

○天皇と神話  
学校で教えなくなった神話/ミソギで生まれたアマテラス/天皇家は「弥生王」 ほか
○神武天皇[初代]および崇神天皇[第一〇代]  
死後に贈られる漢風諡号/美女を選んで短命家系に/ヤマド(邪馬台)とヤマト(大和) ほか
○応神天皇[第一五代]  
英雄ヤマトタケルの息子は「哀れむべき人」/皇后による「神のような功績」/「三韓征伐」という虚構 ほか
○聖徳太子  
極めて異例の諡号/四天王寺に祀られた敵の霊/十七条憲法の「話し合い絶対主義」 ほか
○天智天皇[第三八代]と天武天皇(第四〇代]  
親蘇我派と反蘇我派/敗戦による恐怖で日本初の戸籍を作る/『日本書紀』に書かれていない事実/天武系は親新羅派、天智系は親百済派 ほか
○持統天皇[第四一代]  
火葬という日本史上の英断/「首都移転時代」に終止符/森鴎外が発見した「継体持統」の意味 ほか


(以下省略)
著者略歴
井沢 元彦(イザワ モトヒコ)
1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。