近刊検索 デルタ

2017年9月28日発売

KADOKAWA

上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「提案資料作りにとても苦労させられる……」 「時間ばかりかかってもううんざり……」 社内でのプレゼン資料作りはビジネスパーソン必修のスキルです。 しかし、どんなに練り上げた企画や提案も社長や上司など承認者から OKをもらわなければ、そこから一切前に進むことはできません。 つまり、社内プレゼン資料作りはビジネスパーソンにとって必須であり 最重要課題でもあります。 ところが、このプレゼン資料作りが「得意だ!」と胸を張って言える 人はどれくらいいるでしょうか? 「せっかく時間を掛けて作った資料なのに作り直しかよ!」 「何でこんなにたくさんのデータがあるのに分かってくれないんだよ!」 本書はそんな悩みを抱える人に向けて、著者の日立、日産で培った社内 プレゼン術をすべて公開してもらいます。超多忙かつ切れ者の上司を納得 させるために、最も重要なのはシンプル&ロジカルな資料を準備すること。 そのための実践的なノウハウがつまった一冊です。 【第1部 「一発OK」を得る“ムダを徹底排除した”スピード資料作成法】  1章 作業スピードと説得力を抜群に上げるための準備 2章 「一発OK!」の大原則は相手を知ること  3章 すぐ実践!「魅せる」資料テクニック 【第2部 「100%一発OK!」を達成する“圧倒的な説得力”の高め方!】 4章 言いたいこと(メッセージ)を作る  5章 相手の腹に落ちる「中身」の作り方 6章 「違い」と「関係性」に着目したデータ活用法 あなたの資料を劇的に「伝わりやすく」「理解されやすく」「判断しやすく」する!
目次
【第1部 「一発OK」を得る“ムダを徹底排除した”スピード資料作成法】  1章 作業スピードと説得力を抜群に上げるための準備 2章 「一発OK!」の大原則は相手を知ること  3章 すぐ実践!「魅せる」資料テクニック 【第2部 「100%一発OK!」を達成する“圧倒的な説得力”の高め方!】 4章 言いたいこと(メッセージ)を作る  5章 相手の腹に落ちる「中身」の作り方 6章 「違い」と「関係性」に着目したデータ活用法
著者略歴
柏木 吉基(カシワギ ヨシキ)
データ&ストーリー LLC代表。多摩大学大学院客員教授。1972年、神奈川県生まれ。慶応義塾大学理工学部卒業後、日立製作所入社。在職中に欧米両方のビジネススクールにて学び、2003年MBAを取得。Academic Award受賞。2004年日産自動車へ転職。海外マーケティング&セールス部門、ビジネス改革グループマネージャ等を経て現職。グローバル組織の中で、数々の経営課題の解決、ビジネス改革プロジェクトのパイロットを務める。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。