近刊検索 デルタ

2017年9月14日発売

KADOKAWA

最新版 はじめて講師を頼まれたら読む本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
20年の講師経験に裏打ちされたノウハウと斬新なアイディア、SNS時代の顧客との関わり方など、 時代に合わせた「愛にあふれた」一冊となっています。 初めて講師を引き受けた際に、やるべきことがこの一冊ですべてわかります。 ◎「60分話す」のではなく、「5分ネタを12本話す」と考え、5分ネタを磨きあげる ◎成功体験は、「誰にでもできるスキル」に落とし込んで話すと、自慢話にならない ◎最初の3分は勝負ドコロ。「ツカミ」のネタは、必ず台本にしてブラッシュアップする ◎講演にメリハリをつけたいときは、「クイズ形式」にして、聞き手に質問する ◎思いとスキルはワンセットにして伝える ◎余韻が残る講演は、シメの話がうまいもの。3分くらいのシメトークを必ず用意する
目次
第1章 講師に必要な心構えは志 講師とは何か 目的を明確にする 志を持つ 第2章 講師になったら知っておきたいスキル、テクニック 台本をつくる メリハリをつける ブラッシュアップする 前日までの準備 当日、本番前にすること 本番中のテクニック アクシデントに対処する 第三章 指名される講師になるプロのワザ 指名を増やす 自分ブランドを確立する 活動の幅を広げる
著者略歴
大谷 由里子(オオタニ ユリコ)
1963年、奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。 故・横山やすし氏のマネージャーを務めながら、23歳の時には、「花王名人劇場」のプロデューサーを任されるなど、吉本では、「伝説の女マネージャー」として知られている。2005年にスタートした【講師塾】には、オリンピックのメダリストや元Jリーガー、教師、経営者、人事担当者、労働組合の執行部、士業、デザイナー、 政治家など、その受講者は1,400人を超える。2016年3月、法政大学大学院・政策創造研究科 政策創造専攻 修士課程 修了。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。