近刊検索 デルタ

2017年10月14日発売

KADOKAWA

9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる

中経の文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
~のどの力が低下してからでは、もう遅い!~

日本人の死亡原因第3位は「肺炎」。
特にシニア世代の肺炎はのどの力が弱まることで引き起こされます。
本書では「えん下障害」を起こさない、のどの力の低下をふせぐトレーニング法をわかりやすくまとめた一冊です!
目次
第1章 「飲みこみ力」って、なんだろう?
第2章 のどの力が衰えると、こんな病気に!
第3章 だれもが弱くなる「飲みこみ力」
第4章 「飲みこみ力」をきたえるトレーニング
第5章 あなたの「ヤル気」で「飲みこみ力」は維持できる!
著者略歴
浦長瀬 昌宏(ウラナガセ アツヒロ)
耳鼻咽喉科専門医。神鋼記念病院耳鼻咽喉科科長。1972年、大阪市生まれ。神戸大学医学部医学科卒業、神戸大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科頭頚部外科学分野修了。神鋼記念病院耳鼻咽喉科で、鼻治療と嚥下障害の予防を中心に耳鼻咽喉科の診療を行う傍ら、執筆・公演活動も数多くこなしている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。