近刊検索 デルタ

9月28日発売予定

KADOKAWA

昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年

978-4-04-893350-6

本体価格:1,400円+税

判型:B6

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
役者を志し19歳で上京した小松政夫は、22歳で植木等の運転手兼付き人となる。月収10万円(大卒初任給が2万円といわれた時代)を超える車のセールスマンから、月収7000円の運転手兼付き人生活に。それでも師・植木等と過ごした3年10ヶ月は、小松政夫にとっては猛烈に楽しく、なにものにも替え難い実りの多い時間だった。今年75歳を迎えた小松政夫が、テレビ黎明期のきらびやかな芸能界の話を交えつつ、植木等との43年間の師弟関係を語りきる。
目次
幕前の口上 昭和と同時に始まった人生

一部 黄金時代
1幕 宴会王とセールスマン
2幕 ボーヤと運転手
3幕 スタントマンと役者

幕間 豪華絢爛の披露宴

二部 灯
1幕 マネと学び
2幕 素と役
3幕 師と弟子

幕引の挨拶 親父の名字で生きてます

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。