近刊検索 デルタ

12月11日発売予定

学研プラス

部分点を狙え 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
完答することが難しい数学の記述試験は、“部分点を重ねていく”というのが多くの受験生の戦略である。本書は、大手予備校模試の採点基準作成者である筆者が、解答のどういったポイントに点が与えられるかを明記した問題集である。
著者略歴
小倉悠司(オグラ ユウジ)
河合塾数学講師。学生の頃から授業手法を研究し,「なぜ」にこだわった授業を展開。講習会では締切が出る人気講師だが,雑談はオチがないと言われる。映像・出張授業,模試・テキスト作成など幅広く活躍している。
戸田光一郎(トダ コウイチロウ)
河合塾数学講師。理学博士。「分かるのは当然」をモットーとし,得点がとれるようになると、生徒から絶大の信頼を集める授業を展開。映像授業,模試・テキストの作成など,その活躍は多岐にわたる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。