近刊検索 デルタ

2018年3月2日発売

講談社

食のハラール入門 今日からできるムスリム対応

栄養士テキストシリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「食べられるもの 食べられないもの」
を理解して、訪日外国人のおもてなしに備えよう!

訪日ムスリム(イスラーム教徒)に対応するため、
彼らの食文化であるハラール(イスラーム法で許された飲食物)
について正しい知識とその具体的な対策を提案する。
多文化共生時代に必要なムスリム対応の実用書。
目次
序 章 認証に頼らないムスリム対応とは
    1.ムスリム市場とハラールビジネス
    2.インドネシアから日本へ:ハラール研究とのかかわり
第1章 ハラールとは何か
    1.イスラームの基礎
    2.ハラールの基礎とその根拠
    3.ハラールとハラームの原則
    4.不浄と浄め
第2章 ハラールビジネスとハラール認証
    1.ハラール肉と屠畜証明
    2.ハラール認証制度 
    3.ハラールはハラール認証より広い
    4.日本の食品産業とハラール認証
    5.インバウンド・ビジネスと各種の認証
第3章 ハラールとハラームの狭間で
    1.ムスリム消費者の意識の多様性とその要因
    2.シーフード
    3.肉の諸問題
    4.「疑わしいもの」の拡大と風評
    5.アルコール:ハムルをどこまで認めるか
第4章 ムスリム観光客の受け入れに向けた飲食サービス
    1.試行錯誤で対応していく
    2.すぐにできること:表示の工夫
    3.一歩進んだ対応:場所・器具をわける
    4.もう一歩進んだ対応:食材のハラール化
    5.いちばん大事なこと:ムスリムの声を聞く
付録1 礼拝への対応
付録2 断食への対応
付録3 ハラール食材の入手方法と情報サイト

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。