近刊検索 デルタ

2018年1月26日発売

講談社

宇宙地球科学

KS自然科学書ピ-ス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
地球、太陽系、銀河、そして全宇宙――。この広大な世界と多様性豊かな天体は、いかにして誕生し、進化してきたのか? 新しい観測と理論との結びつきを重視し、さまざまな時空間スケールの自然像を解説する。天文学、惑星科学、地球科学を学ぶ万人に満を持して推奨する決定版テキスト。
目次
【第I部 天文・宇宙編】
第1章 太陽系の測量
第2章 運動の法則と天体の質量
第3章 星の温度とスペクトル
第4章 恒星の分類
第5章 銀河系の構造
第6章 銀河と宇宙の階層構造
第7章 膨張する宇宙
第8章 元素の起源
第9章 恒星の内部構造
第10章 恒星の進化と元素合成
第11章 星形成
第12章 わが太陽系の概観
第13章 太陽系の起源
第14章 隕石の年代学
第15章 系外惑星系
【第II部 地球・太陽系編】
第1章 惑星の形状
第2章 惑星の重力圏
第3章 惑星の大気
第4章 惑星の磁場
第5章 惑星・衛星に作用する潮汐力
第6章 地震波で見る地球内部
第7章 惑星・衛星内部の大構造
第8章 プレートテクトニクス(1)――プレート運動
第9章 プレートテクトニクス(2)――プレート境界
第10章 地震活動
第11章 火山活動
第12章 地殻の岩石(1)――火成作用
第13章 地殻の岩石(2)――堆積作用・変成作用
第14章 地球の環境変動と生命進化
第15章 太陽系の探査
著者略歴
佐藤 文衛(サトウ ブンエイ)
1975年生まれ。東京工業大学理学院地球惑星科学系准教授。博士(理学)。国立天文台研究員、神戸大学大学院COE研究員、国立天文台岡山天体物理観測所研究員、東京工業大学グローバルエッジ研究院特任助教を経て、現職。専門は恒星・系外惑星天文学。
綱川 秀夫(ツナカワ ヒデオ)
1954年生まれ。東京工業大学理学院地球惑星科学系教授。理学博士。東海大学開発技術研究所助手、同講師、同助教授、東京工業大学大学院理工学研究科助教授を経て、現職。専門は地球物理学、月探査、惑星探査。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。