近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あの男は一体何者なんだ――?

湊川地検で起きるすべての事の裏には、必ずひとりの男の存在があった――湊川地検総務課長・伊勢。
検事でもない総務のトップがなぜ……。

「絶対悪」が見えにくい現代において、「検察の正義」とは何なのか。元新聞記者の新進作家が挑む、連作検察小説。
著者略歴
伊兼 源太郎(イガネ ゲンタロウ)
伊兼源太郎(いがね・げんたろう) 1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』(受賞時「アンフォゲッタブル」を改題)で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に、『事故調』『外道たちの餞別』『密告はうたう』がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。