近刊検索 デルタ

10月25日発売予定

講談社

忘れる女、忘れられる女

978-4-06-220808-6

本体価格:1,300円+税

判型:新書

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「週刊現代」の人気エッセイが連載600回を突破して12冊目! 通勤時間に持ち歩きやすい新書サイズ第3弾。

イギリスのEU離脱に溜め息をつき、トランプ勝利に衝撃を受け、子なし独身女性知事の誕生に感慨を覚え、台風直撃の沖縄で50歳を迎える。

“親バブル子ゆとり”は最悪の組み合わせ? 謝罪会見にふさわしい女性の髪型とは? 家事力の無い男性と経済力の無い女性は困窮しがち? 想像をはるかに超えた展開を見せる政治や芸能から、私たちが生きるこの国の現在が見えてくる。「負け犬」「子無し」「男尊女子」などの言葉で時代を切り取ってきた著者による大人気エッセイ第12弾!
目次
「親バブル子ゆとり」
「老老社会の未来」
「女子高生と投票箱」
「子ナシ独身女性知事」
「澤さんのCMにモヤモヤ」
「感動ポルノ世代」
「卓球イメージアップの戦い」
「五十歳になりました」
「謝罪と髪型」
「日本シリーズ、広島の夜」
「家事力がある男性」
「同窓ディスコ会」
「欲求減少社会」
……などなど、全 編を収録!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。