近刊検索 デルタ

2017年10月4日発売

講談社

友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2010年、雑誌の対談で初めて出会った二人は急速に仲良くなり、やがて親友と呼べる関係になった。出会ったときはすでに40半ばを過ぎ、二人とも超のつく有名人。でも、そんなことは一切関係なく、ただ気のあう男同士として酒を酌み交わし、家族ぐるみで食事を重ねた。こんな関係がずっと続けばいいーー。お互い口に出さずともそう思っていた矢先、友・平尾誠二に癌が宣告される。山中伸弥は医師として治療法や病院探しに奔走。体調は一進一退を繰り返すが、どんなときも平尾は「先生を信じると決めたんや」と語る。そして、永遠の別れ。山中は「助けてあげられなくてごめんなさい」と涙を流した。 大人の男たちの間に生まれた、知られざる友情の物語。
目次
第1章 平尾誠二という男(山中伸弥) 第2章 闘病――山中先生がいてくれたから(平尾惠子) 第3章 平尾誠二×山中伸弥      「僕らはこんなことを語り合ってきた」 初公開となる二人の貴重な写真も掲載。
著者略歴
山中 伸弥(ヤマナカ シンヤ)
やまなか・しんや/1962年大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医療科学研究所教授などを経て、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞。
平尾 誠二・惠子(ヒラオ セイジ・ケイコ)
ひらお・せいじ/1963年、京都市生まれ。81年、伏見工業高校で全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会優勝。同志社大学では史上初の大学選手権3連覇を達成。史上最年少(当時)で日本代表に選出される。卒業後、英国リッチモンドに留学、86年、神戸製鋼入社。日本選手権7連覇の立役者に。98年に現役引退後、神戸製鋼コベルコスティーラーズGMに就任。99年W杯日本代表監督。2016年10月永眠。享年53。妻・惠子氏との間に長女・長男がいる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。