近刊検索 デルタ

2018年1月31日発売

講談社

續 太閤私記

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
我、天下を掌握せり。主君・信長の横死。その時、秀吉の天下人への道が拓かれた。日本史上最大出世の完成。だが、猿面の下に隠した苦悩は、残されたままだった――。
「豊臣秀吉が語る、天下人ができるまで」ついに完結。
著者略歴
花村 萬月(ハナムラ マンゲツ)
1955年東京生れ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。1998年『皆月』で大19回吉川英治文学新人賞、同年『王国記』シリーズの序にあたる『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞を受賞。『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞を受賞。他に『信長私記』など著作多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。