近刊検索 デルタ

2018年2月11日発売

講談社

鎖国前夜ラプソディ 惺窩と家康の「日本の大航海時代」

講談社選書メチエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
朝鮮出兵を経て成し遂げられた徳川の天下統一。そんな、日本をはじめとする諸国が平和を希求し、新たな国家形成と国際関係をさぐる時代に現出した「日本の大航海時代」。東アジアのみならず東南アジアをも舞台に交錯する人びとの理想、理念、思想、そして政治と欲望。戦乱と「鎖国」のはざまに二つの精神の邂逅がもたらした、自由と寛容さを追求する時代の実像を大胆に描き出す。
目次
はじめに
第一章 定家の末裔
第二章 海外留学の夢
第三章 文禄・慶長の役
第四章 薩摩、明国、ルソン
第五章 惺窩の理想、家康の権謀
おわりに
著者略歴
上垣外 憲一(カミガイト ケンイチ)
1948年生まれ。東京大学教養学科ドイツ分科卒業、同大学院人文科学比較文学比較文化課程修了。東京大学学術博士。国際日本文化研究センター教授、帝塚山学院大学文学部教授、同副学長、大手前大学教授等を経て、現在は大妻女子大学比較文化学部教授。専攻は比較文学・比較文化。著書に『倭人と韓人』『雨森芳洲』『文禄・慶長の役』、『日本文化交流小史』『勝海舟と幕末外交』『花と山水の文化誌』『聖徳太子と鉄の王朝』『空海と霊界めぐり伝説』『古代日本 謎の四世紀』『ハイブリッド日本』などのほか、共編著多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。