近刊検索 デルタ

2018年1月12日発売

講談社

水滸伝 (五)

講談社学術文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
いわずと知れた中国武侠小説の最大傑作。明代に成立した「中国四大奇書」の一つでもあります。
北宋末期の不正と汚職が支配する乱世を舞台に、暴力・知力・胆力を思う存分に発揮して、好漢百八人が、そこら中で戦いを繰り広げながら、「梁山泊」へと集結します。その破天荒な侠客たちの痛快な立ち回りのスケールの大きさは、さすが中国小説ならではです。
窃盗、殺人、痛飲、奸計、忠義、友情……。人間の善と悪が渾然一体となって進行する物語世界には、引き込まれずにはいられません。
この魅力満載の世界を躍動感あふれる世界を、よみやすく、勢いのある文体で、新訳しました。「水滸伝」の完訳書はいくつかありますが、この翻訳が最新・最高です。本書原本はもっとも原形に近く、均整の取れた百回本。
なお、この五巻では、「第八十二回」から「第一百回」までを収録しております。全5巻堂々完結!
目次
第八十三回
宋公明 詔を奉じて大遼を破り
陳橋駅にて 涙を滴らせて小卒を斬る

第八十四回
宋公明 兵もて薊州城を打ち
盧俊義 大いに玉田県に戦う

第八十五回
宋公明 夜に益津関を度り
呉学究 智もて文安県を取る

第八十六回
宋公明 大いに独鹿山に戦い
盧俊義 兵 青石峪に陥る

第八十七回
宋公明 大いに幽州に戦い
呼延灼 力もて番将を擒にす

第八十八回
顔統軍 陣は混天の象を列ね
宋公明 夢に玄女の法を授かる

第八十九回
宋公明 陣を破って功を成し
宿太尉 恩を頒ちて詔を降す

第九十回
五台山に 宋江 参禅し
双林渡に燕青 雁を射る

第九十一回
張順 夜 金山寺に伏し
宋江 智もて潤州城を取る

第九十二回
盧俊義 兵を宣州道に分かち
宋公明 大いに毘陵郡に戦う

第九十三回
混江龍 太湖にて小さく義を結び
宋公明 蘇州にて大き会垓す

第九十四回
寧海軍にて宋江 孝を弔い
湧金門にて張順 神に帰す

第九十五回
張順 魂もて方天定を捉え
宋江 智もて寧海軍を取る

第九十六回
盧俊義 兵を歙州道に分かち
宋公明 大いに烏龍嶺に戦う

第九十七回
睦州城に 箭もて〓(とう)元覚を射
烏龍嶺に 神は宋公明を助く

第九十八回
盧俊義 大いに〓(いく)嶺関に戦い
宋公明 智もて清渓洞を取る

第九十九回
魯智深 浙江に坐化し
宋公明 錦を衣て郷に還る

第一百回
宋公明 神にて蓼児〓(わ)に聚まり
徽宗帝 夢に梁山泊に遊ぶ

梁山泊関係地図

方臘関係地図

参考文献

あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。