近刊検索 デルタ

2018年1月16日発売

講談社

悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎

講談社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「厄介」と煙たがらないでくれ。好きでやってるわけじゃない。江戸時代、兄もしくは甥の世話になっている者を「厄介」と呼び、幕府の役人は無神経にもそのまま公用語とした。兄の都築孝蔵は六百五十石取りの旗本だが、親重代の借金があったため、弟の弥三郎を他家の養子にできる大金をつくる器量はない。厄介という身分に辟易し、家を出た弥三郎が拓く波瀾万丈の凄絶な人生をえがく。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。