近刊検索 デルタ

2018年2月15日発売

講談社

白石城死守

講談社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
伊達軍の巧妙な戦術により、上杉から奪い返した白石城。しかし、政宗出征により手薄となった守りに際し、石田三成からの命は、「上杉からの攻撃を受けた時には、すぐに白石から撤退せよ」というものだった。
不満を持ちながらも命を受けた政宗は、その留守を浜田治部介に任せた。戦地へと向かった伊達軍、その留守を狙い、白石城は上杉の猛攻を受ける。
浜田治部介と家来五十一騎は、城を明けわたすことなく籠城に出る……。なぜ主君の命に背いて籠城をするのか。
表題作「白石城死守」のほか、五篇を収録。
命を賭して己の意義を貫く生き方を端正な言葉で描き出した傑作。
目次
与茂七の帰藩
笠折半九郎
白石城死守
豪傑ばやり
矢押の樋
菊屋敷
著者略歴
山本 周五郎(ヤマモト シュウゴロウ)
1903年、山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビュー。その後、不遇の時代が続くが、時代小説作家として認められはじめる。戦中から戦後まで連載が続けられた『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるが辞退。主な代表作に『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)などがある。1967年、逝去。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。