近刊検索 デルタ

2018年2月7日発売

講談社

屋上

講談社ノベルス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
名探偵・御手洗潔いわく「この謎、前代未聞」
その屋上に上ってはいけない、必ず飛びおりてしまうから。
その屋上に上った男女は次々と飛びおりて、死んだ。
避けられない墜落死は「屋上の呪い」なのか――。
「読者への挑戦状」と快刀乱麻の推理、御手洗潔シリーズ堂々の第50作!
著者略歴
島田 荘司(シマダ ソウジ)
1948年、広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。 1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃的なデビューを果たして以来、累計600万部に達した名探偵・御手洗潔シリーズや、刑事・吉敷竹史のシリーズを中心に数々の傑作、意欲作を発表。 2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。 「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の立ち上げ、選考を務めるなど、新たな才能の発掘と紹介にも積極的に取り組み、名実ともに現代本格ミステリーの旗手となっている。 近著に『アルカトラズ幻想』(2012年 文藝春秋)、『星籠の海』(2013年 講談社)、『幻肢』(2014年 文藝春秋)、『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(2015年 新潮社)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。