近刊検索 デルタ

2018年7月9日発売

講談社

蝕人孤蟲(2)

講談社コミックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
実在する虫・芽殖孤虫。それは、我々の身体に巣食う人体寄生虫。発症すると幼虫が皮下で分裂して増殖し続け、宿主となる人間は死に至る。治療法はない……。芽殖孤虫により母を喪った少年・鉄郎と妹の奈々は、父を頼り八女島に移住する。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは、怪しげな島民と、いつの間にか奈々の体内に巣食っていた謎の人体寄生虫だった。

身体に巣食う人体寄生虫・芽殖孤虫により母を喪った少年・鉄郎は家族とともに、父のいる八女島へと移住する。しかし、そこで待ち受けていたのは鉄郎を狙う何者かの悪意と、彼に寄生せんとするおぞましき寄生虫の数々……。次々と感染していく、身近な者や頼れる者たち。ひとたび感染したら、皮下を蠢く蟲からは逃れえない。悪意に満ちた者の正体とは? なぜ、彼は島民を寄生虫に侵させるのか? 全ての真相が、明らかになる──。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。