近刊検索 デルタ

2018年7月1日発売

講談社

大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1994年の大江健三郎氏のノーベル文学賞受賞前後に行われた全対話三篇を集成。小説と批評の両面から日本文学界を牽引してきた二人が、文学、思想、言語、日本と日本人について、縦横無尽に語り合う。柄谷氏の書き下ろし序文と年譜を付す。
著者略歴
大江 健三郎(オオエ ケンザブロウ)
小説家。1935年愛媛県生まれ。1994年、日本人二人目となるノーベル文学賞を受賞する。作品に、『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボ-ル』『水死』他。2018年7月より『大江健三郎全小説』(全15巻)を刊行。
柄谷 行人(カラタニ コウジン)
哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『探究』『世界史の構造』他。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。