近刊検索 デルタ

9月20日発売予定

講談社

くぼた式 脳をきたえる シールあそび

えほん百科シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
脳をきたえるには、乳幼児期に手を動かすトレーニングをすることが大切です。この本では、子どもが大好きなシールあそびを通して、できるだけ指を動かし、脳の発達を促すことを目指します。
3歳から
著者略歴
久保田 競(クボタ キソウ)
1932年大阪府生まれ。医学博士。京都大学名誉教授。 1957年に東京大学医学部を卒業後、同大学院に進み、3年目に米国のオレゴン州立医科大学に留学。大学院修了後は、京都大学霊長類研究所でサルの前頭葉の構造と機能の研究に従事。同教授、同研究所所長を歴任。1970年から前頭前野の研究をはじめ、図形認知や記憶に関わる視覚中枢を発見するなど、大脳における前頭前野研究の第一人者。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。