近刊検索 デルタ

9月10日発売予定

講談社

中世都市 社会経済史的試論

講談社学術文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ローマからゲルマン諸族へと地中海に展開した古代文明。イスラームの侵入による「停滞の中世」のなかで都市と商業はいかに生まれたか
著者略歴
アンリ・ピレンヌ(アンリ ピレンヌ)
アンリ・ピレンヌ 1862年ベルギーのヴェルヴィエ生まれの歴史家。 1935年没。 リエージュ大学でヨーロッパ中世史を専攻。ライプチッヒ大学、ベルリン大学に留学。1886年にベルギー・ガン大学教授となる。全ヨーロッパ的視野で、中世の都市および商工業のあり方に重点をおく社会経済史を中心に研究。著書に『ヨーロッパ世界の誕生』など。
佐々木 克己(ササキ カツミ)
佐々木克巳 1931年生まれ。1961年一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。専攻はヨーロッパ中世史。成蹊大学経済学部教授を務めた。2013年没。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。