近刊検索 デルタ

1月30日発売予定

小学館

浮浪雲(はぐれぐも) 112

ビッグ コミックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
連載44年、全1039話。堂々完結。

44年にわたり描かれてきた1039話の物語…
そして、その中に散りばめられた言葉に、
一体どれだけの人間が揺り動かされてきたのだろうか?
漫画家・ジョージ秋山と主人公・浮浪雲の長い長い旅が終わる。
一日中、働き通しの母・かめさんの姿を見て、新之助とお花が感じたものは…『母様の日々』
浮浪雲と付き合いがあった女たちに取材する「よみうり屋」。彼女たちの<浮浪雲評>は…『さよなら』
突然、姿を消した浮浪雲。一体どこへ? 様々な憶測が飛び交うが…最終話『神隠し』他、全9編収録。



【編集担当からのおすすめ情報】
ジョージ秋山は、この巻に収録されている最終話「神隠し」で『浮浪雲』を完全に描ききりました。その生き方に、数多の人が憧れた主人公・浮浪雲の最後の姿を、その目に焼き付けてください。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。