近刊検索 デルタ

2018年2月6日発売

小学館

私家版 聊齋志異

P+D BOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
奇々怪々、不朽の怪奇説話の名翻案19話!

中国清代、巷で口承される怪異譚を蒲松齢が書き綴った、怪奇短編集の白眉とされる『聊斎志異』。芥川龍之介、太宰治、澁澤龍彦、司馬遼太郎、F.カフカなど多くの作家も魅了され、影響を受けてきた。

森敦がこの500余話から選び抜き、私家版で19話を翻案した。生き生きと、且つ深みのある筆致が見事だ。妖術、呪い、幽霊など摩訶不思議な事象に加え、酒好き、大食らい、ひょうきん者、試験に落ち続ける男、母と暮らす嫁の来てのない男らが登場し、現代にも通ずる親しみ、可笑しみも溢れている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。