近刊検索 デルタ

2018年7月11日発売

小学館

堕落

P+D BOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦後、突然の凶行に走った男の“心の曠野”

かつて理想に燃え、幻の帝国「満洲国」建設に青春を賭けた主人公の青木隆造――。

敗戦後は福祉事業団兼愛園の園長となり混血児収容、保護教育を自己の責務として全うするのだったが、その内面には果てない曠野が拡がっていた。

その業績が表彰された時、彼は突如崩壊し、凶行に走る。自己の内部にわだかまる「見極めがたい曠野のイメージ」と「喪った時間の痛み」とが「隠微な軋み音」を響かせ解かれてゆく。

全共闘世代に多大な影響を与え早世した作家・高橋和巳が、日本民族の夢想と悲劇をえぐり出した、晩年の問題作が甦る。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。