近刊検索 デルタ

10月6日発売予定

小学館

殺されたゴッホ

小学館文庫

橘明美/翻訳
臼井美子/翻訳

978-4-09-406350-9

本体価格:850円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ゴッホ最後の2年間と死の真相!

120年以上にわたって自殺したと信じられてきた、ポスト印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ。しかしその死は、じつは他殺によるものだった!
画家ゴーギャンとの共同生活の失敗、弟テオに対する罪悪感や社会からの疎外感……。2011年にアメリカで刊行され評判となったゴッホの伝記(ノンフィクション)に書かれた新説に基づき、ゴッホが残した手紙や日記類、彼をめぐるさまざまな人々の視点から、ゴッホの苦悩と情熱が、臨場感あふれる文体で語られる。
なぜ、誰にゴッホは殺されたのか? 殺されなければならなかったのか? ゴッホ最後の2年間と死の真相に迫る小説。
原書は2016年1月にフランスの権威あるガリマール社より刊行され、テレビ、ラジオなどでも取り上げられ評判となった。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。