近刊検索 デルタ

10月6日発売予定

小学館

アラ還とは面白きことと見つけたり

小学館文庫

978-4-09-406449-0

本体価格:570円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「年を取る」ことは難しいけれど、面白い!

人生をどう終えていくか。定年後、あるいは定年を間近に控えて、その先をどう生きていくか。寿命が長くなった今だからこそ、それは多くの人にとって、大きな悩みとなっている。
俳優・武田鉄矢さんは40代半ば頃から、すでに人生の降り方について考えてきた。いつまでも人生を登ってばかりはいられない。だからこそ武田さんは、これまで出会ったさまざまな人、書物で出会った師とも言える人々から、学んできたという。

本書は、武田さんが著名人や歴史上の偉人、書物で出会った師から集めた言葉の数々をもとに、人生の降り方を考えたものだ。さらに武田さん自身の失敗や知られざるエピソードも、さまざま開陳されている。それもこれも、今の自分を作った道標だからこそ――

武田さんは文庫化にあたっての「あとがき」にこう綴っている。<「老い」とはなかなかの難敵。ライバルですぞ。その四年の間、「老い」に立ち向かう「術」を、そして「一念」を懸命にさがしております>。「老い」ていない人が読めば、将来に光明を。「老い」ている人が読めば、心が軽くなること間違いなし。

人生に迷った時に読みたい座右の書になるはずだ。






【編集担当からのおすすめ情報】
名優・武田鉄矢さんがどんなふうに物事を考えているか、その思考の軌跡が赤裸々に綴られています。老いをどう見つめ、何に学び、何に感動し、何を許さないか。私にとってとても新鮮で、こんなふうに老いたい、学んでいきたいと心から思えました。
文庫化にあたって、親友の西田敏行さんに解説をお願いしました。「拝啓 武田鉄矢様。」も読み応えたっぷりです。同年代で同じ俳優から見た武田さんとは。その長い付き合いの西田さんだからこそ書ける武田評もぜひご覧ください。また、武田さんの文庫あとがきも必読です。単行本をご購入いただいた方にとっては、あれから共に歩んだ4年の歳月について感じ入るところも多いと思います。


目次
はじめに 「降りてゆく」物語――紳助さん、元気にしとうと?

第1章 帰り道の視点
「結婚」という物語を終章から読み始めた女――妻・節子にはかなわんたい
海彦コンプレックス――兄ちゃん許せん
アヒルちゃんコール――たくましかぁ。医療現場の最前線

第2章 ともに歩む
糸を解くとき――光子さん、私、好いとうと
龍馬のホイッスル――龍馬さんの理想ば受け継ぐ、ミッドフィルダーたい!
灯下の人――白川静先生に、金八語録の虎の巻ば教わった

第3章 歩みを学ぶ
たこの恩返し――高倉健さん・たこ八郎さん、バリかっこよか
カニの無念――おばさん俳優・武田鉄矢の逆襲げな!
津軽三味線物語――仁太&レイ・チャールズの時空を超えた魂のセッションたい

第4章 人生の道標
街場の内田論――内田樹師範の言葉はほんなこつ、特効薬たい
味噌から出た醤油――覚心さん、見事な降りてゆき方ばい
南天九猿――覚心のカクシンに迫る、大人の社会科見学たい

3年B組金八先生課外授業『教え子と考える“降りてゆく”歩き方』

あとがき ここまでをまとめる思い

文庫化あとがき

文庫解説 拝啓 武田鉄矢様。/西田敏行

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。