近刊検索 デルタ

2018年2月6日発売

小学館

ロンドン・デイズ

小学館文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
演劇人生の核となった、泣き笑い留学日記

イギリスでの俳優教育の何百年にもわたる蓄積をもらってこようと、ロンドンのギルドホール音楽・演劇学校に留学することにした鴻上尚史氏。英語で行われる授業に備えてみっちり勉強し、準備は万全――のはずだった。が……、そこは、想像をはるかに超える“英語の戦場”だった!
日本ではすでに名の知れた演出家にして作家である著者が一念発起、39歳で挑んだ1年間のロンドン留学。聞き取れない英語に苦戦しながら、イギリスはじめ世界各国から集まった20歳前後の俳優志望者たちとともに、ぴちぴち黒タイツを身につけ、学校生活に邁進していく。真剣に“鬼ごっこ”をし、歌い、踊る。週末ごとに動物園に行き、そこで観察してきた動物の真似を大真面目に披露する。さらには布になったり、火になったり、新聞紙と一体になったり――。たまに演出家としての視点が顔を出すものも、あくまでも生徒に徹し、悩み、考え、イギリス流ワークショップに取り組んでいく著者の、素直で涙ぐましい姿が、独特のユーモラスな文体で綴られる。一方で、時折浮き彫りになるイギリスの階級制度や差別意識。そして、著者が思う、俳優という職業の厳しさと残酷さ、素敵さ。その後も演出家として日本の演劇界をリードする著者の心の原点となった泣き笑い奮闘記。若いクラスメイトたちとともに汗を流した、愛しい日々の記録である。
文庫化にあたり、装画も担当した、ラーメンズ・片桐仁との特別対談も収録。

【編集担当からのおすすめ情報】
大真面目に授業や課題に取り組む著者をはじめ、先生やクラスメイトなど、登場する人物たちがじつに魅力的。大事件が発生したり、ドラマチックな展開があったりするわけではないのですが、つねに観客(読者)を意識し、楽しませ(読ませ)ようとする鴻上尚史さんの筆力は、さすがの一言。本書を読み終えたときには、まるで一本の上質な舞台を観終えたような感覚になるはず。もちろん、アンコールの拍手が鳴りやまないこと必至です。
巻末には個性派俳優としても、芸人としても大活躍の片桐仁氏との本音対談も。お楽しみに。また、文庫の装画も片桐仁氏が手がけました!!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。