近刊検索 デルタ

2月20日発売予定

小学館

レイモン・サヴィニャック自伝

ビジュアル版
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
仏ポスターデザインの巨匠、唯一の自伝

グラフィック・デザイン界に大きな足跡を残した、20世紀を代表するフランス・ポスターデザインの巨匠レイモン・サヴィニャック(1907~2002)。独特のエスプリ溢れる彼の作品は、日本でも数多くの愛好家を生み、森永ミルクチョコレートや豊島園などのポスターを手掛けています。
本書は、サヴィニャックが残した唯一のまとまった著作物である自伝(初版1975年、再版1988年)の完全新訳です。幼い頃のパリの下町での暮らしや、兵役、なかなか芽が出ない解雇と職探しの日々、そして41歳の時に突然、訪れた大成功とその後に続く国際的人気作家としての激動の半生が、作品と同様エスプリ溢れる軽快な筆致によって、古き良きフランス映画のように描き出されます。随所に織り込まれたユニークな創作論も魅力のひとつです。
さらに、著作権継承者の協力により、原著にはない代表作および同時代の作品70点余も掲載する「ビジュアル版」となっているとともに、作家の友人にしてサヴィニャック研究の大家・パリ市立ファルネー図書館学芸員ティエリ・ドゥヴァング氏の解説付きです。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。