近刊検索 デルタ

2017年10月31日発売

新潮社

絶滅危惧職、講談師を生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
今、最もチケットの取れない講談師は、なぜ滅びかけの芸を志したのか。かつて落語を凌ぐ人気を誇った講談は、戦後存続を危ぶまれるほど演者が減った。数の上で女性優位が続く東京の講談界には現在、若手の男性はほんのわずか。そこで一人気を吐くのが、二ツ目の神田松之丞である。巧みな話術で客を釘付けにする彼は、堅苦しい世界をどう変えたのか。張り扇片手に高座へ新風を吹き込む革命的芸道論。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。