近刊検索 デルタ

8月20日発売予定

中央公論新社

冷たい檻

単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
北陸地方の海沿いにある小さな駐在所で警官が失踪。県警本部は個人的な都合で失踪したと処理する。後任として駐在所に着任したっ島崎巡査部長の下に、上層部から送り込まれた調査官・樋口が現れる。警察内で密かに失踪事件を調査することのようなのだが……。日本海側の過疎の村にふきだまる欲望! 巨大福祉施設に隠された恐ろしい秘密を二人は暴けるのか。そして、樋口の正体とは!?
著者略歴
伊岡瞬(イオカシュン)
1960年、東京都生まれ。2005年に『いつか、虹の向こうへ』(「約束」を改題)で第25回横溝正史ミステリ大賞の大賞とテレビ東京賞をW受賞し、作家デビューした。代表作に『代償』、近著に『痣』『悪寒』がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。