近刊検索 デルタ

8月20日発売予定

中央公論新社

信長公記―戦国覇者の一級史料

中公新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
織田信長の生涯と事績を知るうえでの基本史料には何がどう書かれているのか。28のトピックに整理して解説を加え、概要を明かす。
著者略歴
和田裕弘(ワダヤスヒロ)
1962年、奈良県に生まれる。戦国史研究家。織豊期研究会会員。著書に『真説 本能寺の変』(共著、集英社)、『信長公記を読む』(共著、吉川弘文館)、『『信長記』と信長・秀吉の時代』(共著、勉誠出版)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。