近刊検索 デルタ

2018年1月10日発売

中央公論新社

ゴールをぶっ壊せ

夢の向こう側までたどり着く技術
中公新書ラクレ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
だからアニソンは彼に微笑む16歳でデビューしたバンドは4年で解散。そこからノーギャラライブや15年にわたるアルバイト生活を経て、今頂に立つ、アニソン界のパイオニア・影山ヒロノブ。苦難の先で出会った「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」「CHA-LA HEAD-CHA-LA」、アニソンレジェンド、そしてJAM Project。なぜ諦めなかったのか? なぜファンは、そして世界は彼を愛するのか? だからもっと熱くなれ! その手で夢をつかみとれ!目次】はじめに第1章 アニソンに導かれて「好き」に突き動かされて/LAZY、そして高崎君/ロッカーではなくアイドルとしてのデビュー/ヒットの裏で/LAZY、解散/消えていく「歌う場所」/吐き出された言葉/誰にも媚びない声を/そして届いた「電撃戦隊チェンジマン」のオファー/アニソンとともに変わり始めたまわりの世界/「CHA-LA HEAD-CHA-LA」/アニソンは今も変わり続ける第2章 職業としてのアニソンシンガー論  アニソンは「魂」でもある/「職業はアニソンシンガー」と言えるようになるまで/才能あるアニソンシンガーたちの登場/かつてアニソンライブはアニメファンのための「イベント」だった/アニソンシンガーと印税/ライブの収支の考え方/ランティスの存在が教えてくれること/今のアニソンで食っていきたいなら/本編の目覚ましい進化の前で第3章 歌い続けるために必要だったこと「あいつは終わった」と言われて/歌い続けるために選んだこととは/イメージだけでは食っていけない/Oさんが教えてくれたこと/ノーギャラライブの日々/形にしなければ誰にも伝わらない/声について/「媚びてはいけない」と言う理由/仲間だからこその意地/そして「影山ヒロノブ」になった第4章 アニソンは強くなったか純然たるアニソンが迎えた危機/ JAM Project ができた理由/「メーカーズ」として/事務所を立ち上げた理由/地球の裏側から届いたメール/「No Border」/アニソンは強くなったか/偏見を乗り越えたアニソン/夢の先、武道館/世界を閉じてはいけない/もっと、もっと外へ/アニソンの真価と進化第5章 ゴールをぶっ壊せ新しく生まれる夢/夢とは現実で現在進行形だ/夢こそが進むべき道を照らし出す/才能や個性がないのを言い訳にするな/アニソンが人をつなぐ/正義とは何か/俺は世界を変える/フロンティアを目指して/アニソンで恩返しを/俺にとってのゴール/ゴールをぶっ壊せ

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。