近刊検索 デルタ

2018年1月23日発売

中央公論新社

孤拳伝(四) 新装版

新装版
中公文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
宗陵元との深夜の死闘を演じた朝丘剛は、熱も冷めやらぬまま神戸を後にする。劉栄徳、由佐肇――二人の達人を破るべく武者修行を続ける剛。漂泊の星の下に生まれた男に安息の地はない。岡山に美作竹上流の本拠を訪ねた剛は鉢須賀了太に出食わす。偶然の再会にライバルたちの血は滾る。『修拳会館』で心の技を磨いた鉢須賀に道場破り同然の試合を申し込む剛。かつて闇試合で激闘を繰り広げた二人に決戦の火蓋は切って落とされた! 龍たらんと燃える男たちの熱き戦いを描く、格闘技小説シリーズ第四弾。
著者略歴
今野 敏(コンノビン)
一九五五年、北海道三笠市生まれ。七八年「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞しデビュー。以後旺盛な創作活動を続け、執筆範囲は警察・サスペンス・アクション・伝奇・SF小説など幅広い。二〇〇六年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、〇八年に『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞及び日本推理作家協会賞、一七年には「隠蔽捜査」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞。空手の源流を追求する、「空手道今野塾」を主宰する。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。