近刊検索 デルタ

1月31日発売予定

東京大学出版会

中国法制史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
一元的な全国統治と市場的・契約的な社会を世界史上さきがけて確立した中国は,いかなる法秩序を備えていたのか――社会の一般的特徴の析出にはじまり,民事・刑事の法と裁判のありかた,さらには近代法の新たなモデルなど,伝統中国法の全体像を西洋と日本との比較を交え描き切る.第一人者の講義の集大成として書き下ろす,待望の概説.
目次
序 章 伝統中国の法秩序(本講の二つの課題/皇帝・紳士・民)
第一章 人と家(家/人/宗)
第二章 生業と財産(管業/服役/租佃/所有権秩序の特質)
第三章 社会関係(空間編成/社会的結合)
第四章 秩序・紛争・訴訟(社会秩序の考え方/紛争とその解決/国家裁判機構の概要)
第五章 聴訟――裁判と判決の社会的基礎(聴訟の展開過程1――標準的展開/聴訟の展開過程2――付随的な諸展開/聴訟の規範的構造/ルール型の法と公論型の法)
第六章 断罪――犯罪の処罰と判決の統一(命盗重案の処理1――州県が行う作業/命盗重案の処理2――覆審の過程/律例とその働き方/成案の扱い/判決の基礎付けと判決の統一)
第七章 法・権力・社会(法内容を語る場所/心中にある法の社会的共有/社会と権力)
第八章 文明を跨いだ法の語り方(人間関係と制度的関係/中国と近代法)
おわりに

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。