近刊検索 デルタ

2017年9月20日発売

東京大学出版会

日本の社会保障システム 理念とデザイン

理念とデザイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
まえがき(吉田健三・木下武徳・加藤美穂子) 第1章 日本の社会保障システムの理念(渋谷博史) 1 日本の社会保障システムの理念 2 社会保障システムの経済基盤:市場経済と福祉国家 3 分立的な制度デザインと財政構造 4 本書の構成 第2章 年金システム――市場経済と労使関係を基盤として(吉田健三) 1 年金システムの意義と役割 2 日本における公的年金の形成史 3 日本の年金システムの仕組み:分立的制度と財政調整 4 公的年金の2つの課題 第3章 医療保障システム(中浜 隆) 1 医療保障システムとは 2 経済成長と皆保険システム 3 分立的な制度設計と財政調整 4 医療保険の社会的意味 5 無保険者とグローバル化 第4章 介護保険と高齢者福祉――財政調整と財政資金の投入(加藤美穂子) 1 介護保険の理念 2 高齢化と介護ニーズの高まり:歴史と社会状況 3 介護保険の仕組み 4 財政構造 5 介護保険システムの調節――予防重視と地域化と持続可能性 第5章 社会福祉システム(木下武徳・渋谷博史) 1 社会福祉の意義 2 社会福祉の3つの画期 3 生活保護制度 4 障害者福祉と児童福祉――八王子市の施策の体系を例に 終 章  21世紀の福祉国家のグローバル展開(渋谷博史) THE SOCIAL SECURITY SYSTEM IN JAPAN Principles and Design Takenori KINOSHITA, Kenzo YOSHIDA and Mihoko KATO, Editors
著者略歴
木下 武徳(キノシタ タケノリ)
立教大学コミュニティ福祉学部教授
吉田 健三(ヨシダ ケンゾウ)
青山学院大学経済学部准教授
加藤 美穂子(カトウ ミホコ)
香川大学経済学部教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。