近刊検索 デルタ

2017年10月31日発売

東京大学出版会

復興デザインスタジオ

災害復興の提案と実践
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「復興デザイン」とは,災害に備えながら次世代の都市・地域・国土像を考え,教育―実践―研究が循環する新たなネットワーク型学問である.本書は,実際の復興に携わった各スタジオの経験を基に,今後の復興への取り組みのひな型を呈示する.実務者・研究者・学生必携.
目次
はじめに
復興デザインスタジオの目的
本書の構成

第I部 阪神淡路
CASE 1 阪神淡路大震災の復興事業をリ・デザインする

第II部 東北
CASE 2 福祉居住施設の計画を被災年の復興の中で考える
CASE 3 福島の風景再生計画

第III部 東京
CASE 4 復興デザインの理想と提案
CASE 5 生き延びる渋谷

CASE 6 あとがき
CASE 7 復興実践報告

Urban Redesign Studio
Urban Redesign Studies Unit, Editor

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。