近刊検索 デルタ

2017年11月14日発売

東京大学出版会

現代作家アーカイヴ1

自身の創作活動を語る
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
小説家たちは,なにを書いてきたのか――創作の極意,若い頃の記憶,転機となった出来事,そしてこれからのこと.自身が代表作を三作選び,それらを軸として創作活動の歴史を語る,珠玉のインタビュー集,かつ良質なブックガイド. 飯田橋文学会のWebサイトでインタビューの動画も配信中!→ iibungaku.com
目次
はじめに(平野啓一郎) 高橋源一郎/聞き手・武田将明 『さようなら,ギャングたち』(1981) 『日本文学盛衰史』(2001) 『さよならクリストファー・ロビン』(2012)      関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(武田将明) 古井由吉/聞き手・阿部公彦      『辻』(2006) 『白暗淵』(2007) 『やすらい花』(2010) 関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(阿部公彦) 瀬戸内寂聴/聞き手・平野啓一郎      『夏の終り』(1963) 『美は乱調にあり』(1966)/『諧調は偽りなり』(1984) 『源氏物語』現代語訳(1998)     関連年譜/著作目録/インタビューを終えて(平野啓一郎)
著者略歴
平野 啓一郎(ヒラノ ケイイチロウ)
作家
高橋 源一郎(タカハシ ゲンイチロウ)
明治学院大学国際学部教授/作家
古井 由吉(フルイ ヨシキチ)
作家
瀬戸内 寂聴(セトウチ ジャクチョウ)
作家

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。