近刊検索 デルタ

2月13日発売予定

文藝春秋

やっぱり会計士は見た! 本当に優良な会社を見抜く方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ソフトバンク、ホンダから、三越伊勢丹、ZOZOTOWNまで決算書の数字から読み解く「本当に強い企業」、「危ない企業」会計士の鋭い目は見逃さない、日本企業の明と暗。◎ヤマト:稼ぎ頭の宅配便事業が〝実質赤字〟だった!◎イオン:成長著しい金融事業で利益の半分が流出!?◎三越伊勢丹とZOZO:売上高が1兆2000億円と700億円の両社で株の時価総額が大逆転。投資家が重視する指標とは?◎ホンダと花王:潤沢な内部資金で自社株買いを選んだワケ◎ソフトバンク:数兆円規模という空前の投資を続ける。その成否のカギを握る数字◎日本郵政:バブル期から続く日本企業の海外M&A失敗の轍を踏む【目次】■第一章 企業はいかに儲けるか――ルノアールとドトールの違い1万円に20%マージンを乗せて毎日商売すると1兆円を手にするのはいつ?喫茶店によってコーヒー1杯が220円、590円と価格差があるのはなぜ?効果的に稼ぐための「利幅」「資本の回転速度」というポイントを読み解く。■第二章 利幅の厚い商売――ヤマトがアマゾンから一部撤退したワケ宅配便最大手ヤマトがアマゾンの当日配送を取り止めた。最大の取引先との関係を見直す抜本策の背景はヤマトのセグメント別業績を見ると明らかになる。1兆円以上を稼ぐ屋台骨・デリバリー事業が〝実質赤字〟に追い込まれていた。■第三章 資本の回転速度――イオン、小売りの雄の異変10年前に5兆円台だった売上がついに8兆円を超えたイオン。しかしこの間、経常利益はほぼ伸びていない。決算書が示すのは設備投資の効果が乏しいことと業績を伸ばした総合金融の利益の半分がイオンのものではないという現実だ。■第四章 投資家や株主が重視する指標――三越伊勢丹とスタートトゥデイの比較百貨店業界のリーダーとして隆盛を極めた三越伊勢丹。ファッション通販「ZOZOTOWN」を運営し成長著しいスタートトゥデイ。二社の株価の成長率を隔てたものは株式投資家が重視する指標・ROE(株主資本利益率)だった。■第五章 ROEを高める――花王とホンダは自社株買いを選んだ潤沢な自己資本を抱えていたコナミは社債を発行し、自社株買いに踏み切った。あえて負債を活用することでROEがアップ、株価も値上がりした。株高を呼び込むROEのために花王やホンダなど自社株買いを行う企業も増えてきた。■第六章 内部留保の使い道――日本郵政の大損失日本企業の手元資金はバブル期を超え、過去最高になった。M&Aは巨額資金を有効に使う一つの手段だ。だが企業を見る目がなければ日本郵政のような失敗を招きかねない。4000億円の損失を出した同社の豪企業買収を検証する。■第七章 M&A戦略の明暗――ソフトバンク、空前の投資活動M&Aの成否をリアルに知るためには、企業のお金の増減を示す決算書を見ればよい。英国の半導体会社を3兆円強で買収するなど空前の投資活動を続けるソフトバンク。営業活動では巨額の投資に見合うお金を稼げているのだろうか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。