近刊検索 デルタ

6月14日発売予定

文藝春秋

大谷翔平 野球翔年 Ⅰ 日本編2013-2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【メジャーリーグで活躍する二刀流・大谷翔平の原点がここにある】開幕直後から、エンゼルスで投打に大活躍をする大谷翔平のプロ野球での5年間の軌跡とメジャーリーグでの可能性を本人の肉声とともに綴る。プロでは”不可能””非常識”と言われた二刀流に挑み、投打ともに驚異のレベルで進化し続け、結果を残せたのはなぜか。その理由は技術・体力はもちろんのこと、大谷翔平独自の思考法や”可能性”を信じ続けることができる信念の強さにあった。高校卒業後にメジャー挑戦を公言しながらも、日本ハム入団を決めた経緯や、ベーブルース以来となる「10勝10本塁打」の快挙、二刀流で最多勝の衝撃の裏側が5年間の定点観測と大谷本人の言葉により立体的に浮かび上がる。/////////////////////////////////////////////////////////////■大谷翔平 野球翔年 I 2013-2018【プロローグ】前例なき挑戦への第一歩【2013年 ルーキーイヤー】◇高校No1投手の選択「急がばまわれ」◇100年に一度の道なき挑戦◇「僕がどういう選手になるかというのは自分で決めること」【2014年 2ケタ勝利、2ケタ本塁打】◇「自分の球を投げればそれでいい」◇「バッターの僕には笑顔も余裕もある」◇「162kmより156kmのほうがいい」【2015年 二刀流で最多勝】◇「オトナの僕と、コドモの僕と」◇「脱力、笑顔、オートマ仕様」◇エースとしての「権利と義務」【2016年 165kmの衝撃】◇「まだ21歳、もう4年目」◇「僕の想像を超えたシーズン」◇「二刀流が救ってくれた」【2017年 故障と試練の先に】◇「どこまで打つのか、いつ投げるのか」◇「今年もうまくなれた」◇何か、エンゼルスに縁みたいなものを感じて【2018年 夢への序章】◇「何かとんでもないものを見てみたい」◇「僕はまだ何も変えていない」【エピローグ】ど真ん中にあるのは”世界一の選手”

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。