近刊検索 デルタ

2018年7月23日発売

文藝春秋

マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◎生命の常識を覆す衝撃のノンフィクション◎ヒトゲノム計画の発案や「次世代シーケンサー」の開発など、遺伝子革命を牽引し続けてきた天才、ジョージ・チャーチ教授。ハーバード大学にある彼の研究室には世界中から若き知性が集まり、日夜、生物学を一変させるような研究を進めている。そんなチャーチ教授のもとにかかってきた一本の電話と、「氷河期パーク」を夢見る孤高のロシア人研究者との出会いによって、マンモス復興プロジェクトが始動。そして四人の若者が集められた。サンプル採取、DNA分析、遺伝子操作……。ペイパル創業者ピーター・ティールも巻き込みながら、研究チームは最先端の科学を総動員し、「頭脳ゲーム」のような難題に次々と挑んでいく。すべては三〇〇〇年前に絶滅した“命”をよみがえらせるために――。【目次】■第一部 ヒトゲノム計画前夜第1章 孤島に取り残された最後のマンモス第2章 北極圏に入る第3章 ジョージ・チャーチ研究室第4章 小さな科学者の実験第5章 ニキータ・ジモフの帰郷第6章 ニューヨーク万国博覧会第7章 ヒトゲノム計画の幕開け第8章 ハーバード大学との抗争■第二部 永久凍土という時限爆弾第9章 あるジャーナリストからの電話第10章 韓国人科学者の影第11章 マンモスか、リョコウバトか第12章 満身創痍のロシア横断第13章 「氷河期パーク」計画第14章 二酸化炭素を閉じ込める■第三部 プロジェクト始動第15章 エース投入第16章 老化のプロセスを逆行させる第17章 再生へのロードマップ第18章 サンプル採取の誤算第19章 胎盤の運び屋第20章 幹細胞という行き止まり■第四部 そしてマンモスはよみがえる第21章 捏造犯の暗躍第22章 シリコンバレーの奇才第23章 iPS細胞で突破口を開く第24章 絶滅危惧種の救済法第25章 クローン犬製造工場第26章 「子宮を作ろう」第27章 科学者は生命を操作する第28章 “復活”の瞬間第29章 孤島の目撃者■ジョージ・チャーチ博士によるエピローグ■あとがき 絶滅種の復活 スチュアート・ブランド■解説 生物学に起きつつある大変革 相澤康則(東京工業大学生命理工学院准教授)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。