近刊検索 デルタ

10月6日発売予定

文藝春秋

鬼平犯科帳 決定版(二十一)

文春文庫

978-4-16-790945-1

本体価格:680円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2017年、本格時代劇アニメ「鬼平 ONIHEI」登場。本格時代劇というアニメの新ジャンルを拓き、海外(おもに北米・ブラジル・フランス)での評価も高まっている。原作はもちろん、池波正太郎の「鬼平犯科帳シリーズ」である。人気絶大のシリーズ全24巻を、さらに大きな文字とふりがなを増やした【決定版】で順次刊行中。第21巻は「泣き男」「瓶割り小僧」「麻布一本松」「討ち入り市兵衛」「春の淡雪」「男の隠れ家」の全6篇を収録。この中で、池波自身が好きな作品ベスト5に選んだ「瓶割り小僧」は、児童虐待がテーマになっている。本年アニメ化された作品でもあるが、原作とともにアニメも必見の傑作。ほかにも、鬼平が自身のかなしみを吐露する「春の淡雪」など、心に沁みる作品が多い巻である。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。