近刊検索 デルタ

2017年10月6日発売

文藝春秋

内村鑑三

文春学藝ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近代日本の最大の矛盾と葛藤を体現する男小林秀雄や保田與重郎を畏れさせ、多くの知識人に多大な影響を与えた破格の人物の核心に迫り、近代日本を貫く精神を明らかにする。内村鑑三の思想は、神なき近代日本に鋭い矢のように垂直に突き刺さっている。しかしながら、鑑三の思想を、我々はその本当の意味で受け止めてきたとは言い難い。「戦後の甘ったるい思潮の中で、そこで実施されている思想上の一種の危険物防止条例とでも言ったものによって、鑑三も安全な鑑三になってしまっているのかも知れない。 この歪んでしまった遠近法を逃れ、もう一度その時代の中での、いわば生ける鑑三の姿を想像してみることは大切なことである」(著者)著者は、高き所から来る鑑三の言葉に「引きずり廻され」ながら、その呻くような孤絶な闘う魂の足跡に肉迫する。そして「スバラシイ悪人」であり、「近代日本の定点」でもある、新たな鑑三観を打ち出す。本作は独自の時代批評の道を切り拓いた新保祐司の、デビュー作にして傑作批評である。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。