近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
紀州雑賀崎を発祥の地とする一本釣り漁師船団。かつては「海の雑賀衆」との勇名を轟かせた彼らも、時代の波に呑まれ、終の棲家と定めたのは日本海に浮かぶ孤島だった。日銭を稼ぎ、場末の居酒屋で管を巻く、そんな彼らの生を照らす一筋の光明。しかしそれは崩壊への序曲にすぎなかった――。
第1回大藪春彦新人賞受賞者、捨身の初長編
著者略歴
赤松利市(アカマツリイチ)
1956年生まれ香川県出身。「藻屑蟹」にて第一回大藪春彦新人賞を受賞しデビュー。本作が初長編となる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。